“ 充分 ” の検索結果

  • 検索 : “ 充分
  • 2 F/O ぐらいあったよ

クロス

2006年4月15日 00:53

どんなに言葉を費やして 自分を隠してきただろう 自分の知るすべての言葉を費やして どれだけ嘘をついただろう 自分の知る言葉で 知らない自分を覆ってきた ありもしない理由を作りだしては 無意味な結果を消してゆく だからなにも理解できなくて 言葉はいつも蜃気楼の檻の中 今までのなにかを変えるために 今日も明日もあさっても その繰り返しの繰り返しで 結局なにも変えられなくて だけど終わりはまだまだ来ない “結局”なんてたった2つの言葉を使うには まだまだ今じゃ早すぎる ずっと止まったままだった 時計の針はさっき手のなかで 今また動きはじめたばかりだから 小さく小さく 友達が笑顔も連れていって 他人の隙間を吹き抜ける季節の風の口笛に 自分の居場所もわからぬまま ひとり 交差点で鼻歌なんてね だけど嘘をつくために言葉を憶えたわけじゃない 自分の居場所を探すため...

カテゴリー :
Poetry
タグ :
あさって, あふれてきた, いつも, すべて, ずっと, その先, それでいい, なにか, なにも, ひとり, 交差点, , , 今まで, 今日, , 他人, 作りだして, 充分, , 動きはじめた, 友達, 口笛, 吹き抜ける, , 変えられなくて, 変えられなくても, 変える, 季節, 小さく, 居場所, 待ってる, 憶えた, , 探す, 早すぎる, 明日, 時計, 檻の中, 止まったまま, 止まること, 止めること.ありふれた, 消してゆく, , 渡り, 無意味, 理由, 理解, 知らない, 知る, 笑顔, 終わり, 結局, 結果, 繰り返し, 自分, 蜃気楼, , 覆って, 言葉, 費やして, 連れていって, 違って, 隙間, 隙間風, 隠して, , 鼻歌

2006年4月12日 03:50

僕は人が嫌いだった。 だけどそれは違ってた。 嫌われるのが怖かった。 傷つくのが怖かった。 だから僕は笑ってた。 笑っていれば時は過ぎると思っていたから。 笑っていれば傷も癒えると思っていたから。 だから僕は笑ってた。 ヘラヘラと、なにも見ずになにも考えることもなかった。 笑ってただそこを通りすぎてゆくことで、僕は僕を隠してた。 傷つくのはもう1度だけで充分だと、裏切られるのはたった1度でたくさんだと。  だけど、裏切ることもつらい。 去ってゆくうしろ姿を見守られること、それもすごくつらいこと。 悲しみを知ってる人の微笑みは、何よりとても優しかった。 美しかった。 僕はそれをあとで知った。 時が経った。 僕は人が嫌いだった。 だけどそれは違ったんだ。 僕はホントは、人が大好きなんだと知ったんだ。 傷つくのも怖くない。 傷が増えると、痛みや流れた涙の数以上に、絆を深めてゆけるか...

カテゴリー :
Poetry
タグ :
あとで知った, うしろ姿, たくさんだ, たった1度, だけど, つらい, つらいこと, なにも, ひとりぼっち, ホントは, , , 傷つく, , 優しかった, 充分, 去ってゆく, 大好きなんだ, 嫌い, 嫌われる, 微笑み, 怖かった, 怖くない, 思っていた, 悲しみ, , 気づいたとき, 流れた, , 深めて, 痛み, 癒える, 知った, 知ってる, 笑ってた, , 美しかった, 考えること, 裏切られる, 裏切ること, 見守られること, 違った, 違ってた, 隠して, 1度だけで
« I ページ戻る Lov e Life I ページめくる »

Search

Home > 充分の検索結果

Search
Feeds
ランキング
人気ブログランキング

人気ブログランキング

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

BlogPeople

BlogPeople:自分/自分のこと

BlogPeople:人間・哲学/人間考察

BlogPeople:芸術・文学/小説家予備軍

Creative Commons License

Creative Commons License

Creative Commons

トップへ戻る